レイクでキャッシングを申し込んだものの、キャッシングをしなくてもよい状況になったり、キャッシングをする必要性がなくなった時に、「キャンセル」をしたいのだけどキャンセルの仕方がわからないと言うようなケースが結構あるようです。

 

レイクのキャッシングは申込みをキャンセルすると言うこと自体は可能なのですが、キャッシングは金融商品で、普通の買い物の商品の返品返金や、何か予約をしたものをキャンセルするのとは違うことであることを知っておいた方がよいでしょう。レイクのキャッシングの申込みをすると、レイクと言う企業以外に「信用情報機関」が関わってきます。審査の過程で「信用情報機関」の個人情報を照会し、申し込み記録を残すことになるのです。申込みをした直後にキャンセルをすると言うようなケースは殆どないと思いますが、信用情報機関に関わる前の段階でしたら、ただの申込みキャンセル扱いになるのですが、殆どのキャンセルは審査後やカード発行後なんです。

 

信用情報に登録された「申し込み記録」は6か月間記録として残り、キャンセルをしてもその記録は残るので、その6か月の間に再度キャッシングの申込みをしようと思ってしまった場合には、その情報が審査のマイナスポイントになってしまう可能性があります。キャッシングは融資ですから、融資の契約を解除することが「キャンセル」にあたります。レイクはキャンセルも契約解除も電話連絡ですることができます。ただ、信用情報の申込み記録は6か月残ることになることはしっかりと把握しておいた方がよいでしょう。